中学受験をするために必要な準備

中学受験というと、学校での勉強だけでは足らないので塾に行くことも必要 と、多くの人は考えます。実際、中学受験と塾は、切り離すことはできない問題になっています。

 

但しその前にまず、中学受験をするために必要な準備について、理解しておく必要があります。例として、

 

・中学受験のほか、将来についても子供と話し合い、受験する意思があるか、確認する。

 

・受験する中学校の特色、校風、難易度、高校・大学進学への実績などを調べる。

 

・塾に行かせる場合、塾の特色、評判、合格の実績、月謝や費用などを調べる。

 

といったことがあげられます。

 

親にとっては絶対に合格してほしいので、塾に行かせた方がいいと考えますが、子供から塾に行くと言い出すことがあります。

 

しかしその理由は、仲のよい友達が行っているからということがほとんどで、「勉強したいから」ということには結びついていないのですが、これはやむをえないことです。

 

首都圏などの都市部では、友達の影響とはいっても進学塾を選ぶことが多く、そこから「中学受験」につながっていくこともあります。

 

どちらにしても、学校や塾を選ぶ際には、親子でよく話し合って決める必要があります。

 

中学校のことを調査する際は、難易度、校風、特色、大学高校への進学実績などの他に、学費、通学時間も大きな判断材料です。

 

学校の選択肢をいくつか持ち、運動会・文化祭などを実際に見てから決める、というのも1つの方法です。

 

そして「中学受験」は一般的に出題される問題のレベルが高いので、塾を選ぶ際は、十分慎重になる必要があります。

page top