塾の費用は月謝と教材費だけではありません

進学塾を選ぶ際、まずはどの塾が自分の子供に合っているかが大切ですが、同じくらい気にかかるのが費用です。

 

実際に子供を進学塾に行かせていた人によると、最初に考えていた以上に費用がかかるので覚悟が必要、というのが共通した意見です。

 

塾に必要な費用としてはまず、月謝と教材費があります。しかしかかる費用はこれだけではありません。夏休み、冬休み期間の講習や、塾が独自で行っている模試の費用もあります。また、塾によっては個別指導を行っているところもあり、相応の費用が必要になります。

 

月謝は塾の規模にもよりますが、3〜5万円が相場で、年間40〜60万円かかることになります。教材費や特別講習の費用は、10〜15万円が相場になっています。

 

特別講習は必ずしも必要というわけではありませんが、講師の勧めがあったり、他の子供も行くとなると、やはり自分の子供も行かせよう、となります。しかも特別講習は冬休みと春休みにもあります。

 

また、生徒の実力を把握するために塾独自で模試をしていることが多く、塾によっては模試の代金が別料金になっているところもあり、高いところでは10万円以上もかかります。

 

トータルで必要な費用は、塾によってかなり幅はありますが、年間で100万円を超える塾もあります。

 

あるアンケートによれば、中学受験にかかった費用は塾の費用を含め、100〜200万円というのが一番多かったということです。

 

注目はそのアンケートのコメントの中に、「上の子が行っていた大手の進学塾では不要の教材まで一緒に購入させられ、しかも授業も十分とはいえなかった。そのため下の子は個人塾に行かせてみたが、教材は必要最低限で、講師の指導は熱心で面倒見がよかった。しかも、トータルで支払った月謝や教材費はこちらのほうが安く済んだ」というものがありました。

 

考え方はいろいろあるので一概にどちらの塾の方がいいかは言えませんが、評判や口コミといった情報も重要です。

 

そして途中で費用が払えなくなった、ということがないように、余裕を持った塾選びをする必要があります。

page top