受験の意味を確認する

中学受験で大切なのは、初めに子供とよく話し合うことです。

 

中学受験を決めるのは両親であることがほとんどですが、受験するということはどういうことか、子供自身が理解する必要があるからです。

 

色々な理屈をつけて塾に通わせようとした際、素直に塾に通う子供も中にはいます。単に塾の講師の人が学校の先生よりおもしろいとか、新しい友達ができて、授業もそれなりに楽しいというようなことが理由です。

 

しかし勉強が進むにつれて大量の宿題が出たり、何度も試験があったりするので、次第に嫌になってくることが少なくありません。

 

そのため、まず最初に受験の意味と、そのためには学校が終わってからもしっかり勉強しなくてはいけないことを子供がちゃんと理解しているか、確認する必要があります。

 

時々、子供の友達が受験するから、という理由で受験を決める親がいます。この場合でも、動機は問題ではなく、ちゃんと努力する必要があるということを子供と確認した上で、始めるべきなのです。

 

最近多いのは、地方から都市部に引っ越してきたら、その地域の子供達はほとんど中学受験するという環境だった、というケースです。

 

この場合、親としては受験を意識せざるをえなくなり、慌てて子供に中学受験をさせようと仕向けますが、そんなときによく起こるのが、子供の反抗です。

 

無理やりやらせたとしても、子供自身が納得していないのでなかなか成長できず、親のフラストレーションばかりたまる、ということにもなりかねません。そして、それまでは良好だった親子関係が険悪になってしまうこともあります。

 

もし中学受験をさせたいなら、受験勉強を始める前に、どれくらいの勉強しなくてはいけないのか、確認し合う必要があります。

page top