熟のカリキュラムが子供に合っていることが、勉強のやる気につながります

塾を選ぶ基準としては、一般的に、合格実績やカリキュラム、授業形態(大人数による講義形式か個人指導か)が重要視されています。

 

しかしどんなに評判が良く高い実績のある塾でも、カリキュラムが自分の子供に合っていないと成果は期待できません。それを理解していないと、成績があがらない原因を熟のせいにしてしまい、熟を替えるということになってしまうのです。

 

そうならないためには、子供が受験勉強をする上で何が必要なのか、何が不足しているのかを見極め、それを補ってくれる塾を選ぶべきなのです。

 

評判や実績は確かに参考になりますが、それだけで選んでしまうのと、子供が必要としているものを考えて選ぶのとでは、塾に入ってから大きな差が出てきます。

 

一般的な塾のカリキュラムを判断する基準には、以下のものがあります。

 

1.授業時間
1科目45分くらいで、授業と授業の間に10分ほどの休憩時間をとっているか。

 

2.一日の学習時間
授業時間と宿題トータルで、最長でも4時間くらいになっているか。

 

一般的に学校の授業では、小学4年生で1科目45分、1日4時間程度が小学生の集中力の限界と考えられています。そのため、塾の授業でも同様に授業の合間に休憩があり、塾の授業と宿題、予復習を合わせて1日4時間(学校の授業は除く)くらいになるカリキュラムが適切です。

 

受験をするために重要なことは、継続して毎日勉強するという気持ちづくりと環境づくりです。

 

受験勉強というのは自分のペースを作り上げるまでが一苦労なのですが、その苦労を乗り越えることができるかどうかが受験の成否に影響します。

 

子供が勉強に集中できないでいると、「もっと宿題を出して欲しい」と言い出す人も中にはいますが、それはかえって子供のペースを乱してしまうことがあります。「もしかして、やっても無駄と思っているのでは?」とか、「どこかわからないところがあるのでは?」というように考えるべきなのです。

 

大人の視点で判断するのではなく、一緒に子供の気持ちになり、支えてあげることが大切です。

 

子供が何かにつまづいている時、子供の立場に立つことによって、有効な解決策を見つけることができるようになります。

page top