塾にまかせきりにしない

塾に行くことは大切ですが、塾にまかせきりになるのはよくありません。塾で学ぶことは沢山あり重要ですが、それ以上に重要なのは自分ひとりで勉強する時間だからです。

 

完全に塾まかせで、高いお金を払っているからちゃんと成績を上げて欲しい、といっても、そんなに簡単にはいきません。もし成績があがったとしても一時的なもので、本当の学力はついていないことが多いのです。

 

塾を利用する場合は、家庭での学習も上手くできるように指導していくこと必要があります。

 

例をあげると、塾から与えられた課題を家庭でやる様子を見てみるのです。宿題だから、というような受身の姿勢でいるか、それとも「よし、やってみよう」と自発的な姿勢でいるのか、判断しなくてはなりません。

 

自発的な姿勢でいる場合はそのまま課題に取り組ませ、理由は問わないようにします。自発的になっている理由が、早く遊びたいから、というものでも全くかまいません。

 

元々子供にとって勉強は楽しいものではないからです。

 

学ぶことの楽しさを覚えた大人なら勉強も楽しいと思うかもしれませんが、小学生のうちはそれは期待できません。わからない課題を解いていくといった勉強は、大人であっても楽しいものではないでしょう。

 

そういう意味でも、自発的に宿題をやろうというのはとても意義のあることです。子供の自主性を大切にして、実力を伸ばすことを最優先にするのです。

page top