家族の強い協力が必要

中学受験を決める前には、親同士も確認しておくべきことがあります。
それは、母親と父親の意見を一致させておく、ということです。

 

よくあるのは、どちらかが受験をさせたいが片方は反対している、というケースです。中学受験をするということは子供だけでなく、両親にも大きな負荷がかかります。わずかなすれ違いが大きな騒動になってしまうことが結構あるのです。

 

またこれは両親に限った話ではなく、祖父や祖母が反対していたりすると、子供に受験をやめさせようとして何かと関与してくることもあります。

 

このように、受験に対する意見が家族でバラバラになっていると、受験しようと思っている子供にとってもよい環境ではありません。

 

本気で子供を受験させたいのであれば、まず、家族の意見を一致させる必要があります。

 

人はどうしても楽な方に流されがちですが、子供ならなおさらです。やる気になって頑張ろうとしている子供でも、勉強を一生懸命やる必要なんてない、という意見に簡単に流されてしまいます。

 

もう一がんばりすれば成績が上がる、成果が出るという段階まできているのに、もっと楽な道を行ってもいいよと言われたら、どんな子供でもそっちに行ってしまいます。

 

とはいっても、勉強勉強としょっちゅうせきたてるのもよくありません。時には誉めてあげたり、一緒に息抜きしたりして、バランスをとりながら勉強を進めていくことが大切です。

 

中学受験というのは子供だけが頑張るのではなく、家族の暖かくて強い協力が必要なのです。

page top