中学受験の意味

中学受験の意味記事一覧

中学受験が普及するにつれて今度は、「どこの中学でもいいので受かればいい」、と考える家庭が増える傾向にあります。中学受験の多くは1日限りで終わることはなく、2月上旬から中旬にかけて3回、多い学校では5〜6回行われています。そのため、1人で何校も受験することができ、また、同じ学校を何度も受験することも可能です。同じ学校を何度も受験すると、受験料を割引してくれるサービスもあるくらいです。私学にとって「入...

中学受験は、親子の受験とも言われています。受験が始まり、不安になった親が冷静さを失ってしまうと、子供にとって親の世間体のための受験となりかねません。ある程度は親がかじを取り、子供の進路に対して取り組んでいかないと、中学に入学してから思ってもみなかった誤算を招くことがあります。たとえば、通勤時間が長い、学校の方針やクラスの仲間と馴染めないなど、色々なことが原因で引きこもりになってしまったり、時には不...

中学受験をするということは、ほとんどは中高一貫の私学に通うということが考えられます。6年の間、将来のことはじっくりと模索できるという点は確かに大きいメリットです。実際に中学受験を経験した人達の多くは、やはりそう考えています。しかし現在の受験体制を見てみてると、必ずしもよいとはいえない部分もあります。一番は、子供の考え方や個性に合った進路は私立に限定されているわけではなく、公立の学校でも見つけること...

page top