子供の適正と中学受験のメリット

中学受験をするということは、ほとんどは中高一貫の私学に通うということが考えられます。

 

6年の間、将来のことはじっくりと模索できるという点は確かに大きいメリットです。実際に中学受験を経験した人達の多くは、やはりそう考えています。

 

しかし現在の受験体制を見てみてると、必ずしもよいとはいえない部分もあります。

 

一番は、子供の考え方や個性に合った進路は私立に限定されているわけではなく、公立の学校でも見つけることができる、ということです。

 

公立の学校でも本腰を入れて、中高一貫の素晴らしいプログラムを提供しているところでは、私立に流れている子供が戻ってくる現象も見られるほどです。

 

現在、中学受験をして第1志望校に合格するのは全体の30%以下といわれています。これは言い換えると、難関校を受験する子供とっては大きな負荷がかかる、ということを意味します。

 

偏差値に振り回され進学塾が薦めるままに受験校を決めるのではなく、子供の適正を見極め、親としての考えを貫くことが重要です。

 

また、受験のために、小学校の大切な思い出を犠牲にしてはいけません。

 

受験のことばかり考えるあまり、「クラブ活動はしてはいけない」「塾に通うので宿題を出すはやめてほしい」「学校行事はやめてほしい」というような意見が出たりします。

 

そういう意見は、ちょっと非常識ともいえますが、子供を思う気持ちからきていることは十分に理解できます。

 

このように、親の気持ちを掻き立てる一番の問題は、私立と公立に歴然とした差がある、とみる人が多いからです。

 

公立の学校では私立とは違った制約が色々ありますが、逆に営利企業ではないという部分を積極的に活かし、私立と遜色ないプログラムをすることができれば、私立との競争にも打ち勝てるのではないか、という見解を示し人もいます。

 

公立だからといって国の決めたことを守るだけの姿勢ではなく、時代の流れに沿った子供の成長を助ける改革が必要です。

page top