合格実績の高い中学校と偏差値

中学受験の時に参考にしたい重要な指標としては、志望校の偏差値があります。

 

進学塾でも大手のところになると、色々な中学の入試に関する最新情報を収集し、様々な分析を行っています。そして学校ごとの偏差値によるランキングも発表しているところもあり、見ておいて損はありません。

 

私立中学の中でも、難易度・偏差値の高い中学は、名門御三家と呼ばれています。

 

男子の御三家は「開成」「麻布」「武蔵」、そして女子の御三家は「女子学院」「桜蔭」「雙葉」です。

 

このほかにも、慶應、栄光学園、駒場東邦、渋谷教育幕張、聖光学院、白百合、灘、東大寺学園、早稲田実業、フェリスなどがよく知られている学校です。

 

どの学校も入学の難易度は高くで、進学実績はトップクラスの学校ばかりです。

 

最近では少子化と不況の影響もあり、中学受験全体としてみると競争率は徐々に低下している傾向があります。しかし逆に受験率は上がってきており、名門大学付属の一部や進学実績が高い学校の難易度は、従来と変わらない状況です。

 

さらに、それに続く学校の難易度も上昇している傾向があります。

 

また、理系や医・薬学系を志望する比率が高まってきている反面、女子大は不人気になっています。

 

その証拠に、有名国立大や名門大学の理系への進学に力を入れている中学校に人気が集めっていることがわかります。

 

注意したいのは中学受験の場合、中学校の偏差値がそれほど高くなくても合格実績が高い学校の方が人気があることがあり、偏差値が低いからといって合格しやすいとは限りません。そのため、偏差値は参考と考えた方がいい、ということになります。

 

進学実績も大切ですが、将来の進路、教育環境、校風なども十分考え、子供に合った学校を選ぶことが重要です。

page top